読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tonocchoのメモ

軽い気持ちで

お経が集中するのにいいBGMという話を聞いたので

togetter.com

この記事にあるように、お経というのは集中力をアップするBGMとしては最強だそうです。ならばNZでもやってみねばなりますまい、ということで、やってみました。条件としては、iPhoneに取り込んでプレイリストで再生できること、です。なぜなら、通信速度も量もあまり満ち足りていないので。

要するにお経のCD買ってiPhoneで聞こう、ってそれだけのことにわざわざこれだけの字数を裂いたわけです。

お経のCDを入手する方法

NZには、台湾から来た臨済宗のお寺があります。

fgs.org.nz

中国語の埋め込みは文字化けするんだなぁ。

で、このお寺には売店があって、そこでお経のCDがたくさん売られているので、買いました。

入手したCD

「千仏神賛」というCDなんですが、オールチャイニーズなので、何が書かれているかさっぱりわからず、唯一「摩訶般若波羅蜜多」と書かれていたので、これにしました。何気に仏教、国際語ですね。ええ。CD2はお経を音楽に乗せた感じのなんでしょうか結構賑やかでした。ただ、音楽に乗っていようがいまいが、効果に差はなかったように思います。

BGMにしてみた。

基本的にはとても集中させてくれます。素晴らしいですね。

ただ、お経が基本チャイニーズのイントネーションぽい感じで進むんですが、時たま、多分日本のお経と同じ発音の箇所があるのか、日本語っぽいのがぽろっと飛び込んで来て、そこで「えーっ!?」てきな捕まり方をされます。集中しちゃえばそんなことはないんですが、これに数回引っかかったかな。

なんかどこかの外国人が、ペラペラ何語かもわからない母国語ですぐ横で話している途中になぜか「鯖と鰤」みたいな単語が挟まると気になって夜も眠れなくなるような感じかもしれません。

ところで、お寺の職員さんに般若心経みせたら

日本で御朱印集めした時に手に入れた般若心経の経文を見せたら「へー日本でもこれ使ってんだ、いいよね、般若心経」的な返しが来て、般若心経のグローバリティを強く感じました。

売店にも般若心経グッズ結構ありましたし。この寺に来たことで、仏教が中国から来たのだな、ということを強く感じたりもしました。

BGMなしの場合は3時間、お経の場合は5時間

ということで、近場の図書館でお経をBGMにして高校数学のおさらいをしてみました。内容にもよるのかもしれませんが、BGMなしでやった場合は、3時間、お経をBGMにした場合は、5時間集中力が継続しましたので、結構効果があるかもしれません。