tonocchoのメモ

軽い気持ちで

引用文献の管理できてる?Zoteroで楽々引用生活のススメ!

という感じでいきなりSEOを意識したようなタイトルにしたのはほんのご愛嬌です。確かこんな感じだよね。

今、英語でレポートを書いています。色々と不安があるんですが、その中で「いちいちリファレンス書くのかったるいしあんまり参照したくないなぁ」というのがあります。これ結構大きいと思います。引用をした後に、どこから引用したかを記載するんですが、その書き方にルールがあって、これがいちいち覚えるのめんどくさいんですよね。

手書きでやっていると

と言っても、何も参照しないレポートなんて、お前の魂のポエム以上の価値もないので、嫌々ながら引用をするんですけど、参考文献をPDFで保存するとどこの何番目の資料だっけな、とか、おんなじ資料何回も参照してたとか、そういうのが結構あります。自分もリファレンスを落ち着いてみたら、2ペアありました。フルハウス目前でした。

出会いは突然

リファレンスのあまりのめんどくささに学生センターにあるフリーセミナーで何かいいのないかなーという感じでぼーっとスケジュールを見ていたら、「Zoteroでリファレンス管理」というのが目に入りました。Zotero?と思ってググったら、リファレンス管理のツールでした。これは今の自分に刺さるツールだと思って、急遽インストールして使ってみました。

インストールは簡単

brew cask install Zotero

または、公式サイトから落としてください。そもそもbrewで入らないなら入れるのやめようと思ってたんですけどね。

インストール完了後に起動すると、各種オフィスツール(見た感じ、MS Office、Open Office、Libre Officeなんかの主要なものはサポートされてるぽいですね)へのアドオンがインストールされます。次に、ブラウザへのアドオンもインストールします。今回はSafarideやっています。

その辺をだーっと入れたらおしまいです。

資料収集

Zoteroを起動した状態でやります。

ブラウザへのプラグインがインストールされると、Zoteroのアイコンがアドレスバーの横に表示されます。

f:id:s-tonouchi:20170402181203p:plain

このアイコンがZの場合は何もできないんですが、例えば何か適当な論文を検索して見ます。

f:id:s-tonouchi:20170402181344p:plain

アドレスバーの横のzマークが何か変わりました。そしたらこのアイコンをクリックします、すると画面右下にこんなんが表示されます。

f:id:s-tonouchi:20170402181446p:plain

これでZoteroに論文の各種情報やPDFなんかが保存されます。Zoteroにもこんな風に表示されます。

f:id:s-tonouchi:20170402181623p:plain

これを好きなだけ繰り返します。ちなみに、PDFなんかは環境によってはダウンロードできませんのでご注意を。

引用の仕方

では、引用の仕方です。Ms Wordを使ってやって見ます。まず、Zoteroのツールはアドインにあります。

f:id:s-tonouchi:20170402182152p:plain

引用するときは、以下のアイコンを使います。

f:id:s-tonouchi:20170402182257p:plain

クリックすると、引用のスタイルを確認されます。これは後でも変更可能みたいです。とりあえずIEEEを洗濯しました。この引用のスタイルは、レポートごとに指定があると思いますので、それに応じて選択しましょう。

f:id:s-tonouchi:20170402182345p:plain

検索窓が出ますので、検索して、引用した文書を選択してEnter押します。クリックでもいいのかしら

f:id:s-tonouchi:20170402182531p:plain

すると、カーソル位置に引用番号が出ます。ちなみに検索が使いづらい場合はクラシック検索でもいいでしょう。検索窓のZをクリックするとメニューが出ます。

f:id:s-tonouchi:20170402182703p:plain

で、引用した論文の一覧を作るにはこのアイコン

f:id:s-tonouchi:20170402182912p:plain

クリックすると一発でこんなんが挿入されます。

f:id:s-tonouchi:20170402183020p:plain

Zoteroでリファレンスの悩みにさよなら!

そういうわけで、いかにZoteroを使うと参考文献の引用が楽になるかがお分かりいただけたかと思います。ただ、引用は適切な量にしましょうね!

あと、Zotero的にはなんでも管理できるという風に歌ってはいるものの、できないものもチラホラでした。多分メタ情報がきちんと管理できてないとかその辺かもしれませんね。おしまい。

英語レポートのルールで見出したテーマの決め方

とかそれっぽいこと書くんですけど、やっと英文レポートが本番をかける感じになったので、ここまで感じたことを共有します。ちなみに、学校でそういうことをやっているお歴々はそんなん当然だろ、とか、アラフォーのおっさんが今更何言ってんのwwwwwとかそういうのやめてください。ココロが折れるので。

続きを読む

下のチビと英語

我が家のチビが幼稚園に行くようになってから数ヶ月、相変わらずぐずりながら行きますが、当初のような大泣き、大暴れ、叫びっぱなし、という状況ではなく、幼稚園に行けばそれなりに楽しんでいる様子。

とはいえ、チビは日本語、幼稚園は英語、言葉の壁は以前厚いようです。

ですが、恐るべしなのは「全く意味はわからないままに聞き取っている」ということができているようで、たまに「リスナンってなに?」とか聞いてきて父を悩ませてくれますが、これはどうやら「listen up」と言っていたようです。

続きを読む

SDNをお勉強する

学校で、何これ面白そうで取ったSDN (Software Defined Network)の授業、そもそもネットワークのバックグラウンドもないのに取っているので、いまいちわかりにくい(昔小悪魔女子大生の本を読んだので用語が全く分からずというとこまでは置いてかれてないにせよ)。なんにしても理解したことをアウトプットしていきつつ勉強してみたい。

続きを読む

最高の睡眠環境を最低の出費で

睡眠というのはとにかく重要であり、この質によって人生の何割かは得したり損したりする。

睡眠環境を整える、ということについて40も目前に迫った昨今、とにかく前日の睡眠がどうだったか、というのはかなり自分に影響する。

深夜に目を覚ましたチビが布団に潜り込んで来て、朝になると、本来のあるべき角度から102度くらいねじれた感じに寝ていたりすると、翌朝背中がピキピキと悲鳴を上げる。

子育てというのはそういうものだから贅沢を言うな、と言う人もいるかもしれない。だけど、そんな子育ての中でも睡眠環境にこだわる、という最低限の贅沢くらい許されるべきだ、憲法は最低限の文化的な生活を送る権利を国民に保証しているわけだから、自分だって声だかにその権利を主張してもいいはずだ。

最低限の文化的な生活が各自の認識の中にあり、その内容が結局個々人の人生経験とそれによって構築されたトラウマ、そこからもたらされる闇を孕んだ感情によって、許されるか否かの議論をすっ飛ばして「そんなことする奴は飢えろ」くらいのことを平気でのたまう層がいるのも見て知ってはいるけれど、ここは幸いにしてNZなので、そう言う人たちとは接することなく生活できている。

まぁ、何が言いたいかと言うと、睡眠環境をこの度刷新しました。

続きを読む

詐欺求人の警告が来た

以前通っていたAISという学校の就職課から今も求人の連絡が来たりします。で、どうも一部の学生が、某求人系サイトで詐欺求人の被害にあったという連絡があったようで、本日そのAISから連絡が来ました。

詐欺求人ってなんだろう?

詐欺の求人って一体どういうものなんでしょうかね。永住権が欲しいという弱みに付け込んだ感じの雇用者がたまにいるという噂は聞いたことがあるんですが、そういう人なんでしょうか。ジョブオファーを出して、働き手が2年ワークビザ(これは特定雇用者の元でのみ有効)が発給された時点で手のひら返すとかそういうことなのかもしれません。

何にしても注意は必要です。オーストラリアにいた時も、NZにいる時も、そういった外国人の弱みに付け込んだ感じの雇用者がいるという話は枚挙にいとまがありませんから。

AISがお勧めする求人サイト

サイトに載っている求人がそもそも釣り広告であることがよくあるということはあれど、さすがに詐欺というひどい目にあうことはないだろう、という意味なのか、それはよくわかりませんが、以下のサイトは名実ともに品質に問題がないということだそうです。

  • www.trademe.co.nz
  • www.seek.co.nz
  • www.sjs.co.nz

ちなみに、上から順に、NZ最大の通販サイト、仕事探しNo1サイト、学生向けの仕事を紹介しているサイトです。

まぁ

Facebookには友達限定公開なので、何というサイトでこういった問題が起きたのかは書いちゃったんですけどね。

家庭菜園のはなし

NZに来てからの新しい趣味の一つ、家庭菜園、家庭菜園といっても別段テーマがあるわけでもないのですが、今日確認したらこんな感じでした。

タネから育てているもの

いきなり果樹をタネから育てるというのも激しい感じですが、お店で買った果物のタネを発芽させたり、庭に生えてた木から落ちた実を植えてたら生えて来たり、友人にもらったものをしばらく置いておいたら目が出て来たので植えて見たりと様々です。タネからの発芽は妻がやっていました。今はかなりの数になったので、やめています。

NZ来てから植えたものや最近植えたものなどがあり、結実までの年数を考えると、順調に行くとあと2〜3年後にはどれも実をつける気がします。

  • アボカド16本
  • クリ6本
  • 林檎6本
  • びわ6本

この辺がきちんと育てば、シーズン中の果物は有り余るほど出来そうですね。

枝を挿しておいたら根付いてくれたもの

これらはかなりミラクル感高いですね。

  • 桃1本
  • イチジク1本

ただ、これらがきちんと実をつけるようになるかは完全に未知数です。というか、木を育てるとかどういう話なんでしょうか。だいたい家庭菜園とか言いつつ機の話ばかりじゃないですか。

買ったもの

これまた木ですね。

  • ゆず1本
  • 銀杏1本

これらの木について

木については鉢に入れています。地植えもして見たいものですけど、如何せん土地がありません。もし土地を手に入れたらぜひやって見たいところですね。

ハーブ類

ハーブ、薬草、そう行ったものも実はあります。

  • よもぎ
  • ペパーミント
  • セージ

ペパーミントは結構蜂が来るので、花粉の受粉にいいかもしれません。あとは葉っぱを摘んでお茶にしたりも可能です。セージは別に自分の名前がセージだから買ったわけではなく、ホワイトセージというのが欲しくてお店で聞いたら、「これがホワイトセージよ、ほら、葉っぱの裏が白いじゃない!?」と言われて信じて買ったら普通のセージでした。

よもぎは知り合いの日本人に株を分けてもらいました。植えて見たらまぁすごい勢いで増えます。

野菜

この辺からやっと家庭菜園ぽい話です。

野菜といっても、季節ごとに植えて収穫してタネを取って終わるものから多年生なのですっと植わっているものがあります。別に出荷するわけではないので、高品質なものは求めていませんが、それでも店で買うよりはかなり美味しいです。

  • ナス
  • きゅうり
  • トマト
  • カブ
  • ほうれん草

この辺はものさえ揃えば難易度は低いです。水やっとけばサクサク育ちます。ただ今年は冷夏だったのでかなり不作ぽいです。

  • ミツバ

ミツバは自分が多年生の植物と知らずに雑に植えたもののもう2年以上生えています。が、最近丈が短いですね。

  • 赤紫蘇
  • 青じそ

こいつらはまず失敗しません。ただ、あまり日当たりのいいとこで育てないほうがいいようです。青じそは薬味に、赤紫蘇は梅と一緒につけてゆかりにしたり出来ますね。

  • 山芋
  • 里芋
  • らっきょう
  • ごま

この辺は日本人の横のつながりで分けてもらったりしたものや、山芋は店で買って(韓国食材のお店に結構ある)、割って土に埋めておくと芽が出て来ました。里芋は今、鉢がパンパンになっているので、どうにかしたいものです。

  • 春菊

びっくりするくらい発芽が早い。ダントツです。おひたしとか、おなべにいれたりとか、今から楽しみですね。

というように、今はもらったものやその時に植えたいものを植えているだけなので、次のステップにそろそろ行きたいと思っています。

年間を通じて野菜を手に入れたい

まず、次の段階として、「一年中手作りの野菜を少しでいいから手に入れて行きたい」というものです。一年中野菜を手に入れるには

  • 季節のものを育てる
  • 一年中育つものを育てる

があるかと思っています。また、プランターを使っての栽培になるので、古き良き時代の知恵も交えていく必要があると思います。

野菜は学ぶと楽しい

まず、野菜ですが、店で売っているレベルのものが簡単には出来ないと思います。農業をやっている人ならではの知識、経験、勘、といったものもありますし、肥料やらの質も違うと思います。

家庭でやっているので、科学系のものは一切使わずに育てるのがこれまでやって来たことですし、採りたての野菜はそれでもめちゃうまです。

さらに面白いのは、基本的に教科書通りにやって入れば収穫まではたどり着ける点です。当然気候だとか、病気だとかのアクシデントはありますが、それでも全滅ということは今の所ありませんし、成功しやすい作物を選ぶこともいい勉強です。

植え付け計画のようなもの

そこで家庭菜園に戻るんですが、商業としての農業は、一気に植え付けて一気に収穫する、ということをしているかと思いますが、家庭菜園では、「年間を通じて新鮮な野菜を提供し続ける」ということが大事になります。

そのためには、例えば、「タネは一列ずつ1週間程度ずらしてまいていく」だとか、「相性のいい作物を組み合わせて育てる(いわゆるコンパニオンプランツ)」、さらには「順番を考える(連作障害とかその辺)」を考えたほうがよさそうです。